月別アーカイブ: 10月 2012

第十九回 論文投稿からAcceptまで

ブルックリン大の幾井です。以前から議論したいと思っていた論文投稿からAcceptに至るまでの最近の兆候、そしてそれがもたらす就職への影響を述べたいと思います。

近年、大御所の雑誌に掲載されている論文を読んでいると一つのラボから出ている論文は少なく、必ず共同研究、そして共著者も2、3行以上であることが珍しくない。昔のように、学生とボスだけが著者という論文は大きな雑誌ではあまりお目にかからなくなった気がします。逆に数人の著者で、酵母の研究で論文が出ていると嬉しくもなります。著者が何十人もいる場合でもFirst authorは基本的に一人であることも心に止めておく必要があります。

この風潮はレビューのプロセスの中で科学雑誌が求めるものを単独ラボで消化できなくなっているということだということになり、我々としても生き残っていくには、あらゆる分野の研究者と交流し情報交換していくことが求められて来ています。

仮に無事に雑誌に投稿したとします。レビューを待つこと3ヶ月。再試に3ヶ月。レビューを待つこと3ヶ月。と繰り返して行くうちに一年を費やすこともあれば、大型雑誌なのでは2年のレビューの挙げ句にrejectなんていう話しもよく耳にします。プロジェクトを3年で終えたとしても論文が世の中に旅立つまでに計4−5年かかってしまうということになります。仮にrejectされてその間に競合相手に先を越されたらということもあるので、この場合は振り出しに戻ってしまう。近年は論文投稿にもかなりの金額を要するようになりましたが、acceptされたらいくらでも払いますという気分にさえなります。

ここでもう一つ議論したいのはポスドク研究者のキャリア。酵母研究であっても一つの論文を出すのに以前よりも時間がかかることは明らかで、動物実験に足を突っ込むとポスドク年数2桁ということも珍しくありません。アメリカのAcademiaで仕事を得るには最低2報は必要だろうから、どれくらいの年月がかかるかは想像がつきます。しかし、アメリカの場合、就職活動やfellowshipの申請ではPh.D.と取得後何年以内という制限が付くことが多いのです(就職の場合は公言われていないものの採用審査の時点で大きなキーになることは間違いない)。あくまで年齢ではなくて最終学歴から何年以内というくくりになっています。年齢に触れると法的に違法になってしまいます。例えばNIH R01の申請もPh.D.取得10年以内なら別枠で審査されるので、有利になります。

昨今の論文審査の厳しさ、それによってポスドク期間が伸びて来ているという背景を考えると、いかにいい仕事を早くまとめるかがacademiaで生き残って行くカギなのかもしれません。ラボ経営者も1年に数報の論文を出すことが望ましいですから状況は同じです。皆さん、論文審査でどういう経験をされているか興味がありましたのでトピックにしてみました。